腕のシミにクリニック

腕のシミの治療もクリニックへ

シミクリニックで腕のシミも改善

なぜか腕にほくろやシミが集中してできるのが悩みの30代の女性です。長袖を着る季節なら目立たないのですが、暑い季節が近づいて腕を出したい、と思っても、腕に点在するシミやほくろを見ると躊躇してしまいます。

なぜこんなに増えてしまったのかと悩んでいたのですが、今回一念発起して、シミとほくろのケアにトライすることにしました。それにしても、ほくろとシミの違いはなんなのでしょう?

厳密にいうと、「シミ=メラニン色素が皮膚細胞に定着したもの」「ほくろ=メラニンの大元メラノサイトが集まって定着したもの」という意味になります。ほくろはメラニン色素の大元だけあってシミより黒さが際立つのです。

同じ治療方法でどちらも消えてくれるのか?というと実はそうではありません。ほくろはメラニンを含む色素細胞そのものが増加してしまった状態なので、美白剤などは一切効果がありません。細胞そのものをレーザーで破壊したり、削り取ったり、手術によって切除する方法が有効です。

そして、今までほくろと思っていたものも実はシミの可能性があることが分かりました。20代になってほくろが増えたというケースはほとんどの場合、シミと同じ「老人性色素斑」なのだそう。確かにほくろにしては色が薄い気がするのでシミの仲間なのかもしれない。

では、シミを消すためにはどんな治療法があるのでしょうか。調べてみました。

■化粧品のシミ治療効果
いわゆるホワイトニング化粧品と呼ばれる製品がたくさん出ていますから、これらの中から肌に合うものを使ってみるのも手軽に試せるシミ治療です。これらの製品には美白成分と呼ばれる、シミの原因となるメラニン生成を抑制する作用があるため、シミの改善や予防への効果が認められているのです。

ただし、化粧品の美白成分の働きは、主にメラニンの生成を防いだり減少させることにあります。既にできたシミへの即効性のある効果は期待できません。

■サプリのシミ治療効果
化粧品のシミ治療効果と同じようにメラニン生成が期待できる成分が入ったサプリもたくさんの種類があります。「L-システイン」はメラニン生成を抑えるとともに、皮膚のターンオーバーを促してメラニンの排出をサポートしてくれます。女性ホルモン分泌乱れの「肝斑」にも効果が高いとされています。

「ビタミンC」はメラニン色素の還元作用(色を薄くする・消失させる)を持っていますから、既にあるシミを薄くする効果があります。高い抗酸化作用で肌の老化を抑える働きを持ちます。■市販薬のシミ治療効果
シミをケアする市販薬は、服用する飲み薬(内服薬)と塗り薬(外用薬)があります。含まれる成分によって、効果が出るシミの種類が違います。シミの種類と市販薬の成分をよく調べることが大切です。例えば老人性色素斑や炎症後色素沈着には、ハイドロキノンとビタミンCが有効です。肝斑には、L-システイン・トラネキサム酸・ビタミンCが効果があります。

■エステのシミ治療効果
微弱電流を利用して美容成分を肌の奥に浸透させる「イオン導入」や、特殊な光を照射することでメラニン色素にダメージを与え、同時にコラーゲンの再生を活性化させる「フォトフェイシャル」など、エステサロンにはシミ改善メニューが様々にそろっていますが、美容クリニックよりも威力が弱い施術になってしまうことが難点です。

■クリニックのシミ治療効果
れっきとした病院でありながら、美容や肌トラブルをケアしてくれる美容クリニックには、シミ消し効果の高いさまざまな治療法がそろっています。レーザー治療やピーリング治療も、エステサロンよりも高い効果の施術になっています。

1回で効果が出る即効性のあるケアを、皮膚の専門家であるドクター診察も施術もしてくれるのは大きな魅力ですね。適切な治療法を選ぶことができ、治療費用に見合った高い効果が期待できます。効果重視で考えるとやはりクリニックで治療かもしれません。

確実にかつスピーディに、私の腕のシミとほくろを消してくれるのはクリニックになるみたいです。わたしはクリニックで、腕のシミとほくろを治療することに決めました!シミクリニックで治療をしたい方はこちら。

Copyright © 腕のシミの治療もクリニックへ All rights reserved